ED(勃起不全)の基本情報をご紹介!

ペニスは男性のみについているものです。これは男性のシンボルです。ペニスが突然勃起しなくなったことを想像できますか。年齢にかかわらず、誰もがED(勃起不全)を有する可能性があります。年齢とともに、ED(勃起不全)患者も増加しています。

ED(勃起不全)とは

ed男性EDは英語で(Erectile Dysfunction)の略、日本語で「勃起障害」または「勃起不全」とも呼ばれています。男性の性機能障害のひとつです。

専門的には「性交時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないため、満足な性交が行えない状態」が3ヵ月以上持続していることとされています。

つまり、セックスを行う時に、勃起に時間がかかったり、勃起しても途中で萎えてしまったりして、満足な性交ができない・・・と感じる人は、いずれもEDの疑いがあります。

ED(勃起不全)の症状

よい性生活を送ることは人間にとって非常に大切なことです。ED(勃起不全)のために家庭、夫婦関係、恋人関係にひびが入ったり、時には崩壊することがあります。ED(勃起不全)といっても感じる症状は以下のそれぞれです。

「勃起していても挿入すると小さくなってしまう(中折れ)」
「勃起していても十分な硬さにならない」
「挿入していても勃起を保てるのに射精はできずに萎える」
「自慰(オナニー)では射精できてもSEXの時は射精できない」
「最後まで満足のいくような性交ができない」

ED(勃起不全)日本での現状

ある調査によると、現在の日本で、成人男性の1800万にもの人がED(勃起不全)に悩んでいます。年代別に見ると、日本成人男性の40代の5人に1人、50代の2.5人に1人、60代の1.7人に1人が中等症以上のED(勃起不全)ということになります。

ED(勃起不全)は決して珍しいことではありません。曰本はED大国と言っていいのかもしれません。以下のグラフは日本人のED(勃起不全)発症人口の年齢層割合です。

ed有病率

ED(勃起不全)のタイプ

ED(勃起不全)は障害を引き起こした原因によって大きく分けると、4つのタイプに分類されます。一番目は心因性ED(勃起不全)です。二番目は器質性ED(勃起不全)です。三番目は混合型ED(勃起不全)です。四番目は薬剤性ED(勃起不全)です。いずれも十分に勃起できない、性交ができないという点では共通しています。

ED(勃起不全)を予防するためにも、ご自分のED(勃起不全)のタイプを知ることが解決の第一歩になるはずです。それぞれのタイプに見合った適切な治療を行う必要があります。

ED(勃起不全)になるのは自分で自覚している人もいますが、その中には自分がどのタイプのED(勃起不全)なのかわからないという人も決して少なくありません。一緒に自分のED(勃起不全)のタイプを確認するところから始めてみましょう。

心因性ED(勃起不全)

心因性ED-ストレス心因性ED(勃起不全)は患者の有病率一番高いタイプです。およそ8割を超える人は心因性ED(勃起不全)になっています。極度の不安や緊張、悩みなど心の中に何らかのストレスを抱えていると、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなります。このタイプは体そのものに問題はないのです。心因性ED(勃起不全)の原因は人によって実にさまざまです。例えば、緊張過剰、あせり、過労、睡眠不足、心配事、家庭内不和、抑圧された怒り、憎しみ、妬みなど。

器質性ED(勃起不全)

器質性ED(勃起不全)は勃起に関わる神経や、組織、血管系などに異常や障害が起こっているせいで勃起がうまく起こらない状態です。器質性ED(勃起不全)は種類によって原因は様々です。器質性ED(勃起不全)は、大きく分けると、『血管障害によるもの』『神経障害によるもの』『内部分泌機能低下によるもの』に分類されます。この三つの種類はEDになってしまうというケースが大半です。

血管障害によるもの:高血圧、高脂質症等
神経障害によるもの:糖尿病性神経症、脳卒中等
内部分泌機能低下によるもの:ストレス、喫煙、飲酒等

混合型ED(勃起不全)

混合型ED(勃起不全)とは、先ほど紹介する器質性EDと心因性EDの合併症です。EDの現状をみると、ストレスだけが精神的な要因、あるいは何らかの病気だけが肉体的な要因ということは少ないです。両方を兼ね備えたED(勃起不全)になっていることが多いといわれています。40代から60代の男性に多く見られます。例えば、糖尿病、高血圧、外傷、手術など。

薬剤性ED(勃起不全)

ある薬剤を服用している場合、副作用でEDになってしまうものもあります。以下の医薬品は薬剤性ED(勃起不全)を引き起こす恐れがあるので、注意が必要です。心当たりのある方はかかりつけの医者に相談しましょう。

中枢神経に作用する薬剤:解熱、消炎鎮痛剤、抗不安薬、抗うつ薬、抗けいれん薬、抗精神病薬、睡眠薬を含む向精神薬
末梢神経に作用する薬剤:筋弛緩薬、鎮けい薬、麻酔薬、抗コリン薬
循環器系に作用する薬剤:不整脈治療薬、利尿剤、降圧剤、血管拡張剤、高脂血症用剤
消化管に作用する薬剤:消化性潰瘍治療薬、麻酔薬、抗コリン薬、鎮けい薬

薬剤性ED

ED(勃起不全)の検査・診断

自分はED(勃起不全)になるかどうか、通常は検査が必要です。性機能障害、勃起機能障害の診断においては問診がとても重要です。病歴や既往歴、家族歴を詳細にお聞きすることでおおよその診断が可能です。ここでは、ED(勃起不全)の検査・診断をご紹介させていただきます。

1)病歴、既往歴、家族歴を聴取します。問診票(IIEF5;国際勃起機能スコアー)で勃起障害の程度を確認します。
2)心理検査:心理状態を調べます。
3)血液検査:男性ホルモン(テストステロン)の状態など検査を行い、異常があるか調べます。
4)勃起機能検査:視覚による性的刺激などを行い、勃起するかを調べます。必要に応じて施行する検査は夜間陰茎勃起テスト、人工勃起テストなど。
5)必要な場合には、血管系・神経系検査を行います。勃起機能を反映する神経の働きを調べたり、陰茎血管(動脈、静脈)機能を調べる検査です。

ED(勃起不全)の治療法

EDの治療法について知るためには、まず勃起の仕組みを理解する必要があります。勃起は一見すると、単純で動物的な現象のように思えますが、そのメカニズムは意外に非常に複雑です。勃起が起こるためには、神経や血管が正常に働き、また勃起に関わるさまざまな物質が放出されなくてはいけません。

EDの場合、勃起が正常に起きない状態になっています。EDの治療は、正常な勃起を阻害しているこれらの原因を取り除くことを目的として行われるのです。

EDの治療法には色々な種類があるようです。種類が多いのはそれだけ人によって症状やEDのタイプが異なるからで、治すのには時間とケアが必要となります。それぞれの治療法を知って、治療に対して前向きになりましょう。

ここでいくつか挙げられます。一つはED治療薬の服薬治療法です。二つはED1000衝撃波治療法です。三つは心理療法です。四つはICI療法(海綿体注射療法)です。

ED治療薬

ED治療薬の服薬治療は、ほとんどすべてのED専門クリニックで受けられる治療法です。現在日本では盛んに行われている方法はバイアグラ、シアリス、レビトラや各種ジェネリックのED治療薬を使ったものです。全体の7~8割合を占めます。この場合は、処方箋が必要がないネットで通販・個人輸入という方法があって誰でも簡単に買うことができます。そのことが人気の理由だと言えます。

ED1000

アメリカで開発された、高電圧の放電を利用して高エネルギーの衝撃波が発生する特殊な装置を用い、陰茎やその周辺部に照射することで血管の新生を促し、それによって陰茎海綿体に十分な血流量をもたらし、勃起状態を改善するための機械であり、それを用いた治療法をいいます。痛みはなく、薬物を使用しない、EDを根本から治療する画期的な方法として、近年注目を集めている治療法です。

心理療法

心理療法は心因性ED(勃起不全)で行われる治療法です。人によって方法も変わってきます。心理カウンセラーのカウンセリングを受けて、ED(勃起不全)の原因となっている悩みを解消する方法もあります。医師に相談して心の平穏を取り戻す方法もあります。

心理療法はカウンセリングありきではなく、自分と、セックスのパートナーと二人でできる治療法でもあります。むしろパートナーとの協力関係が不可欠といえるのが心理療法と言えるでしょう。

ICI療法(海綿体注射療法)

ICI療法(海綿体注射療法)ICI療法とは、陰茎の海綿体に末梢血管作動薬を直接注射することで、陰茎を強制的に勃起させる治療方法です。1982年にフランスで生まれた治療法ですが、日本では認可されていないため、医師の指導を受けた上で自己責任で行うことに注意が必要です。

シアリスなどとは異なり、性的刺激がなくても勃起可能となります。注射してから5分ほどで効果が表れ、30分~60分は勃起状態が維持できます。副作用は陰茎痛や勃起が長く続いてしまうなどありますが、必ずしも発言するわけではありませんし、出たとしても長くて数時間ですから、そんなに心配する必要はありません。ICI治療法にはED治療薬に比べて高いです。ICI治療のは1回1万円であります。

ED(勃起不全)の予防方法

ED(勃起不全)の予防方法トップ6:

  • 健康的な食生活にする
  • 適度な運動をする
  • お酒を飲み過ぎない
  • タバコを控える
  • ストレスを溜めないようにする
  • 質の高い睡眠をとる

以上の6つの方法を理解し、実践していくのが改善への近道となります。ここからは、ED(勃起不全)の予防方法についての詳しい情報を紹介いたします。EDを「自身の健康状態を見直す機会」と捉え、日常生活の中で積極的に改善を目指しましょう。

健康的な食生活にする

食生活はED(勃起不全)と密接な関係にあります。食生活の乱れからEDを発症している可能性がとても高いのです。食生活から得られる効果は、主に血管や血流の改善です。食生活に関しては暴飲暴食を避け、規則正しいサイクルで食事を摂るようにすると、体の調子は劇的に改善するでしょう。食事の改善に取り組んでから効果が得られるまでは、目安として12週の継続が必要です。

適度な運動をする

運動不足が原因でEDになってしまうこともあるようです。適度な運動はED(勃起不全)の予防に繋がります。適度な運動するという習慣を身につけることも重要です。色々な効果があります。例えば、血圧を下げる、体重を落す、血液循環を改善するなど。なるべく毎日の生活に運動を取り入れてみましょう。手軽に始められるウォーキングは気分転換やストレス解消にもなります。

お酒を飲み過ぎない

お酒は中枢神経系を抑制するように働きます。適度な飲酒は血行がよくなり、気持ちをリラックスさせる効果はあります。だから、特に問題はありません。しかしお酒を飲みすぎている場合、それが長期にわたり続いている場合はEDリスクが飛躍的に高まります。

飲酒量をすぎると、勃起の機能を妨げることがあるので、控えめにしましょう。神経伝達にも支障が出ることになり、これが勃起の機能を妨げることがあります。お酒を飲む場合は適量に留めることで、ED発症リスクを軽減することができます。

タバコを控える

タバコ禁止タバコは健康を害する嗜好品として名高く、「肺がん」「動脈硬化」を始めとした数多くの病気を引き起こします。ED(勃起不全)も例外ではありません。タバコは、血液循環に悪影響をもたらします。

タバコには200種類以上もの有害物質が入っており、中でもよく知られているのはニコチンです。この物質は血管を収縮させて、勃起の邪魔をしてしまうという問題があります。ED(勃起不全)になる危険性を少しでも減らしたい人はタバコを控えたほうがいいでしょう。

ストレスを溜めないようにする

ストレス社会と言われる現代では多くの方が何らかのストレスを抱えていると言われていますが、こうしたストレスが原因でEDになってしまうことは多々あります。ストレスは百害あって一利なしですので、どのようにストレスを発散できるかがED解決にも関係します。

ストレスを溜めない方法はいくつかがあります。もっとも手軽に始められる予防の一つですからぜひ覚えておきましょう。ストレスを溜めないようにするためには、一週間に一度は好きなことをする、旅行に行く、リラックスできる時間を作ることも必要です。

質の高い睡眠を取る

人々は毎日の睡眠によって体に蓄積する疲れを癒すとともに脳や体内の機能を修復しています。そればかりでなく、睡眠にはストレスを取り除いて気持ちを落ち着かせて精神バランスを整える役目も担っています。EDを改善するためには質の高い睡眠をとることが重要です。睡眠をしっかり取る習慣をつけることで、疲労回復やホルモン分泌を正常に戻し、ED予防にも効果があります。

三大ED治療薬の通販

世の中で、人気が非常に高い三大ED治療薬は「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」です。バイアグラは、硬く太く勃起する能力があります。レビトラは即効性・持続性を兼ね備えます。シアリスは持続時間一番です。これから三大ED治療薬をそれぞれにに紹介します。

バイアグラ

ED治療薬はバイアグラバイアグラは「世界で最も愛用されているED治療薬」と言われています。米国ファイザーで開発され、販売された世界初のED治療薬です。開発されたもう10年以上、一番誇っている点は安定性です。この薬の有効成分は、シルデナフィルです。最初で狭心症の薬として開発されます。勃起を促す効果が偶然見つかったことでED治療薬として多くの男性を救ってきます。

バイアグラはED治療薬の中で知名度がとても高いです。世界で初めて誕生したED治療薬ので、愛用者が多い、高い効果を期待することができます。一番効果を現れるために、正しく服用することが重要です。空腹時に服用し、セックスの1時間前に服用することで強く実感できます。バイアグラの有効成分は、シルデナフィルです。シルデナフィルはED治療薬だけではなく肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使用されています。

製薬会社ファイザー社
主な成分シルデナフィル
効果・効能硬く太く勃起する能力がある
持続時間約6時間
食事の影響食事との影響が大きい

正規バイアラグの通販サイト

レビトラ

ED治療薬レビトラレビトラは、バイアグラの次に登場したED治療薬です。日本では2004年に承認されました。現在では世界70ヶ国以上で承認されている、認知度の高いED治療薬です。レビトラはバイエル社が開発・販売しています。バイアグラと比べると、最大の区別は食後内服しても効果に影響が出にくいです。副作用はバイアグラほど強くありません。

レビトラの最大の特徴を知っていますか?「水に溶けやすく、即効性がある」という点です。他の特徴もあります。例えば、食事の影響が少ない、持続性が長いなど。レビトラの効果を100%引き出すには、正しい飲み方を理解しておくことが大切です。レビトラはセックスの1時間前に飲まばベストです。

製薬会社
バイエル社
主な成分 バルデナフィル
効果・効能即効性・持続性を兼ね備える
持続時間約10時間
食事の影響食事との影響が少ない

正規レビトラの通販サイト

シアリス

ED治療薬シアリス

シアリスは日本国内3番目のED治療薬です。日本イーライリリー株式会社から2007年に製造販売が開始されました。シアリスは「週末のバイアグラ」とも呼ばれます。シアリスの有効成分はタダラフィルです。シアリスはバイアグラとレビトラ比べると、シアリスの最大の特徴は効果の持続時間は約20時間~36時間とされています。それはバイアグラの約6倍以上です。もう一つ特徴は食事の影響を受けることは最低です。

製薬会社
イーライリリー社
主な成分タダラフィル
効果・効能 持続時間一番である
持続時間 約36時間
食事の影響食事との影響を受けにくい

正規シアリスの通販サイト