なぜ糖尿病患者はED(勃起不全)になりやすい?

ED治療薬

ある研究によると、糖尿病の治療中だとすれば、ED(勃起不全)にも悩んでいるの方は多いです。糖尿病とED(勃起不全)の関係をよく理解ために、まず糖尿病とED(勃起不全)の基本情報を知ったほうがいいです。糖尿病とED(勃起不全)は一体なんの病気ですか?一緒に見てみましょう。

糖尿病と聞ければ、どんなイメージがありますか?「甘いものを食べられない」「糖尿病になると、普通の生活は送れなくなる」などの印象があるかもしれません。糖尿病は、インスリンが十分に働かないために、血液中の糖分の濃度が高過ぎる状態が続く病気です。インスリンは膵臓から出るホルモンです。インスリンの作用は血糖を特定の範囲におさめます。最初は自覚症状がないので軽くとらえられがちです。しかし、長い時間をかけて身体のあちこちにダメージを与えます。

ED(勃起不全)は特定の定義はありません。ED(勃起不全)は男性なら多くの人に起こる病気です。勃起が維持できない、勃起しても途中で萎えてしまう、満足な性交ができないなどと感じる人は、いずれもED(勃起不全)の疑いがあります。ED(勃起不全)の原因は様々です。加齢になるほど糖尿病、高血圧症、心臓病といったED(勃起不全)を引き起こす病気が多くなります。

糖尿病とED(勃起不全)なぜ糖尿病患者はED(勃起不全)になりやすいですか?糖尿病の合併症といえば、有名な3大合併症は糖尿病性神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症です。実は発症率と言うと、糖尿病患者でED(勃起不全)が発症しているケースも同じ多いです。

糖尿病になると、血流や神経の両方が悪影響を受けてしまいます。血管が硬くなって、陰茎海綿体への血流が悪くなります。陰茎海綿体に分布する自律神経が大きな障害を受けます。自律神経は男性の勃起機能を維持するということにとても重要です。自律神経障害が起こり神経線維から脳への伝達が悪くなると、性的刺激や感度が鈍くなり、勃起力に影響を及ぼします。それらの原因で糖尿病患者はED(勃起不全)を引き起こしやすくなります。

一言に糖尿病という病気が、勃起を達成するのを二重に攻撃しています。糖尿病患者がED(勃起不全)を合併する頻度は挙げられます。40代では4割、50代では5割、年齢とともに高くなります。糖尿病は生活習慣病に一つです。糖尿病とED(勃起不全)を防ぐために、日常生活から克服します。バランスな食事、適度な運動、十分な睡眠をとる、禁煙など。