バイアグラの偽物に注意!

バイアグラ

近年、バイアグラの偽物は日本を含む世界60ヶ国で製造されています。バイアグラの偽物はが出回っているようです。米国から送られてくるバイアグラが必ずしも本物とは限らない、米国から輸入されている偽物もあるかもしれません。

バイアグラの偽物を購入すると、お金だけでなく、健康も阻害されます。ですから、ご自分の健康ために、是非バイアグラの本物を買っていきましょう。本文はバイアグラの偽物の基本情報をご紹介させていただきます。

偽物の特徴

近年来、偽物のバイアグラは精巧に作られて、一目では判断できません。ファイザー本物のバイアグラは青い菱型の形状をしています。そして、薬の表面は「pfizer」の刻印があります。しかし、油断は禁物です。偽物のバイアグラは錠剤の色と形状も本物とそっくりに作られて、多数存在します。だから、安心してはいけません。本物を見ることはないの方にとって見分けるのはとても難しいです。

偽物のバイアグラ

偽物の危険性

皆さんに一つの例を挙げられて、バイアグラの偽物の危険性を説明します。実際に2009年にシンガポールで、バイアグラの偽物に関する事件を起きました。バイアグラの偽物を服用した149人が5ヶ月間の間に低血糖症となり、病院に行かなければならないでした。最も危険なのは、入院したうちの人は4人が死亡し、3人が昏睡状態に陥った。要するに、是非バイアグラの本物を使用します。

偽物の見分け

バイアグラの本物と偽物の間には色々な違いがあります。こうした違いがひとつでもみられる場合には、偽物の可能性があるため注意が必要です。バイアグラ偽物の見分けをいくつか紹介します。

①錠剤を半分に割ってみる。

割って中身が青ければ必ず偽物です。本物は中身は白い(白とはいえ、必ずしも本物とは限りません)

②錠剤の色やロゴを確認する

バイアグラの本物は一面で青い色でPfizerのロゴが刻印されています。別の一面はVGR100(含有量)が刻印されています。色が薄いまたは濃い、錠剤の両面を確認して、異なる物は偽物です。

③錠剤を水に溶かしてみる

本物よりも早く溶けるもの、遅く溶けるもの、溶け方が違うものは偽物かもしれません。 一般的には、本物は2分程度で溶け出し、偽物は10分以上かかります。

④容量・用量確認する

バイアグラにはいくつか容量・用量があります。しかし、日本では25mgと50mgの2種類が認可されています。これに比べると、容量・用量が小さい、あるいは大きい場合は、偽物であるといえます。しかし、海外では100 mgのものもが認められています。この点には注意が必要です。

⑤発送元はどこか確認する

ある統計によると、本物はシンガポール・インド・アメリカ経由が多いようです。逆に中国・タイ・韓国あたりは偽物の可能性が高いです。

バイアグラ通販サイト