バイアグラの副作用

ED治療薬バイアグラ

バイアグラとは、1998年1月にアメリカから世界で最初発売された経口のED治療薬です。いままで、バイアグラの実績も一番になります。バイアグラの愛用者は本当に多いです。バイアグラの効果も人々にがっかりさせられません。青色で菱形をしているのが特徴ですが、中身は白い薬剤になっています。

薬ならば、必要なところで効果的にのみではなく、他のところにも影響を与えることがあります。つまり、薬なので、副作用があります。例を挙げて少々説明します。風邪薬を飲むと、鼻水は止まったけれど、非常に眠くなってしまったという場合があります。バイアグラは薬として、副作用も当然に伴います。本文はバイアグラの副作用をご紹介いたします。

バイアグラの作用はペニスへの影響を主とした血管の拡張です。バイアグラの血管拡張作用はほかの血管にも影響します。例えば、脳の血管、頬の血管など。つまり、バイアグラの副作用はその血管拡張作用によって引き起こされる現象です。

バイアグラの副作用

バイアグラは他のED治療薬に比べて副作用が多いとされています。副作用として次のような症状が出ることがあります。

  • 顔面のほてり(100%)
  • 頭痛(50%)
  • 下痢(30%)
  • 吐き気や胃痛(20%)
  • 鼻づまり(100%)
  • 視界が白く感じて眩しい(20%)
  • めまいや動機(30%)

バイアグラの血管拡張作用は血管にも影響の強さに個人差があります。以上の副作用は、軽度な症状です。このような症状は一時的な症状なので、出ても慌てる必要はありません。バイアグラの効き目が弱まるとともに、症状がおさまります。しかし、治まらない場合は必ず病院に行く医師に相談してください。

バイアグラと相性の悪い病気や体質を知っておくことが大切です。以下はバイアグラを飲めない人いくつか例を挙げられます。是非参考してください。

  • 硝酸薬を服用中の方
  • 狭心症などの心血管系障害ある人
  • 脳梗塞や脳出血、心筋梗塞を起こしたことのある人
  • 網膜色素変性症(進行性の夜盲、視野狭窄)の人
  • バイアグラの成分に対してアレルギーや過敏症をおこしたことのある人
  • 重い肝臓の病気のある人
  • 極端な高血圧の人(安静時収縮期血圧170mmHg以上または最小血圧が100mmHg以上)
  • 極端な低血圧の人(最大血圧90mmHg未満または最小血圧が50mmHg未満)