バイアグラの効果的な飲み方

ED治療薬バイアグラ

バイアグラは、ED(勃起不全)の治療薬として、世の中で知名度は一番高いです。バイアグラは、アメリカのファイザー社で開発と販売される世界で初めてのED治療薬です。バイアグラはED(勃起不全)治療の作用があるだけでなく、動脈硬化を防ぐ作用もあると報告があります。

バイアグラの最大な効果を引き出すために、正しい飲み方・使用方法を知ること実は大事です。正しい飲み方はいずれも難しいことではありません。簡単に要点を守るだけで、効果を十分に得ることができます。そうすると、円満な夫婦生活を送ることができましょう。バイアグラの飲み方をよく知り、自分自身やパートナーの悩みの解決につながるきっかけになって頂けたら幸いです。

バイアグラの効果的な飲み方はは以下のような6つのポイントがあります。

  • 処方された用量を守る
  • 性行為を始める1時間前に飲む
  • 水かぬるま湯で飲む
  • 連続飲む場合は24時間以上あける
  • なるべく空腹時に飲む
  • 飲む前と後にお酒を控える

処方された用量を守る

どの薬は人々の体に何らかの作用を与えます。人間はその薬を使用して、病気の治療や予防に役立たせているのです。しかし、適切な量以上に用いた場合は、時に蓄積され体に好ましくない作用(副作用)が出ることがあります。バイアグラも例外ではありません。ここで説明します。

処方されるバイアグラは、25mg錠と50mg錠の2種類があり、患者の体調に基づいて、最適な選択です。医師の検査では、患者の年齢、体の状態、体格、生活習慣などに目にします。

効果がない、あるいは効果が弱い状況で、自分で判断して、飲む量を増やすことはやめてください。バイアグラは、指示された服用量をよくお守りください。 バイアグラは単純にその服用量を増加しても、副作用のみが増えるだけで、 勃起改善効果を期待できない場合もあります。

性行為を始める1時間前に飲む

勃起の効果や持続時間を考えると、どのタイミングで一番ですか?ある研究によると、セックスの1時間前にバイアグラを飲むが最適、効果的です。バイアグラは、薬として例外ない、個人差があります。バイアグラは他のED(勃起不全)の治療薬と比べると、最大の特徴は一番硬さが出ることです。男性にとっては、自信を取り戻すいい機会です。

バイアグラを飲む後だいたい30分から1時間ほどで効果が現れ始めます。胃から吸収された成分が、約1時間ほどで血液中濃度がピークに達すると言われています。そして、バイアグラの効果は4時間から6時間ほどは持続します。このようなバイアグラが効果的な時は、性刺激さえすれば、何回でも性行為を行うことができます。時間が経つとともに、効果は徐々に薄れてきてしまうのです。

30分後に効果が現れる人も、数時間後に現れるという人もいます。勃起を促進する効果が最もあらわれるタイミングでセックスを行うためには、1時間前の服用が最適です。何度か時間をずらしてみることで、ご自分自身にとって最も理想的な服用のタイミングが分かってくるのよいでしょうか。

水かぬるま湯で飲む

バイアグラは、水分と共に胃の中で溶けるように作られてます。だから、バイアグラを服用する際、一番飲み物は水かぬるま湯と言われています。特に、200mlのぬるま湯がオススメです。ぬるま湯と一緒に飲むと、胃の中で錠剤がよく溶けるので、体に吸収されやすくなります。逆に、水分が十分ない、バイアグラが体の中でよく溶けきらない場合もあります。このような状況でベスト効果が発揮できません。

バイアグラに悪影響グレープフルーツ

お茶、ジュースなど服用すると、含まれる成分はバイアグラの効果に影響を及ぼす場合があるかもしれません。また、牛乳など脂肪分がある飲み物で服用すると、バイアグラの有効成分の吸収を妨げてしまうので控えましょう。バイアグラを服用する時は、最も避けるべき飲み物はグレープフルーツのような柑橘系です。一緒に服用した場合酵素によって小腸で分解吸収されずに重篤な副作用が発現してしまうことになります。是非にしないようにしましょう。

連続飲む場合は24時間以上あける

日本で認可されているバイアグラは25mg錠、50mg錠になります。バイアグラの作用時間は5時間です。5時間以上経過すると、バイアグラの有効成分も体内から排出され、元の状態に戻ります。原則、バイアグラは1日1錠の服用です。また、再度服用したいという場合は、約24時間以上間隔を空けるようにします。

24時間間隔の原因を説明します。バイアグラは24時間以内に続けて飲むと、血管を拡張させるシルデナフィルの体内濃度が高まり、極度の血圧低下を引き起こす可能性があるからです。手帳などにバイアグラを服用した時間をメモしておいて、24時間以内の連続服用にならないように管理には注意しましょう。

バイアグラは、説明書に指示された服用量をよくお守りください。バイアグラは単純にその服用量を増加しても、健康に悪影響があるだけで、バイアグラの勃起改善効果が増すことはない場合もあります。

なるべく空腹時に飲む

ED治療薬の中、「食事の影響を受けやすい」という特徴があるのはバイアグラです。だから、バイアグラの十分な効果を発揮させるために、なるべく空腹時に摂取するようにしてください。その理由として、バイアグラの有効成分であるシルデナフィルは、血液に吸収される効果を発揮します。胃の中に脂っこいのような食物が入っている場合は、吸収率が変わっています。シルデナフィルの吸収が阻害されてしまいます。

空腹時ということは、胃の中が空っぽの状態を指します。一般的に空腹状態とは食後2時間以上経過している状態を指します。そのため、バイアグラを服用する場合には食後2時間以上空けておく必要があります。要するに、できるだけ空腹時にバイアグラを服用しましょう。

飲む前と後にお酒を控える

お酒とバイアグラの関係日本では、昔から「酒は百薬の長」と言われてきました。お酒を賛美する言葉は世界中にたくさん存在します。お酒には、色々な作用があります。例えば、人間関係を円滑にする、ストレスを解消する、食欲を増進するなど。一言に、日常生活でお酒を飲んでいるという人も少なくありません。飲酒状態でバイアグラを服用することで、バイアグラの効果はどうでしょうか。ここでは、お酒とバイアグラの関係についてご紹介します。

まず、知るべきことはバイアグラはお酒の影響を受けやすいです。適量なお酒の摂取は、自体に良い影響を与えます。つまり、体と心にリラックス効果があります。そうなら、バイアグラの最大な効果を引き出すことができるかもしれません。

お酒を飲み過ぎて深く酔っ払ってしまったときは、体に及ぼす影響はよくないです。全身のさまざまな臓器に多種多様な障害をもたらします。例えば、脂肪肝、頭の回転が鈍いなど。もっと重要なことは、飲み過ぎると、バイアグラの効果が下がることが可能です。是非ご注意ください。要するに、飲酒量をしっかりと守ればお酒と一緒に服用しても問題はないです。

適切な飲酒量

ビール:500ml(中瓶1本)

日本酒:180ml(1合)

焼酎:90ml(0.5合)

ワイン:240ml(2杯)

ウイスキー:60ml(シングル2杯)

個人差があるので、自分がどの程度飲めばほろ酔いくらいになるかを、あらかじめ把握していることが大事なことです。