バイアグラの有効成分

バイアグラ

皆んさん、ED治療薬といえば、多くの人の頭に浮かぶのはバイアグラではないでしょうか?バイアグラは、世界で始めてED治療薬として、1998年にアメリカのファイザー社が開発したものです。

バイアグラの有効性と安全性は高いですが、効果の持続時間は少々短いです。バイアグラの主な成分はシルデナフィルです。この成分の含有量により25mgと50mgと2つに分類されています。本文はバイアグラの有効成分であるシルデナフィルをご紹介させていただきます。

シルデナフィルとは

シルデナフィルは元々、狭心症の治療薬として開発されたものです。その臨床試験の結果によると、狭心症への効果は少々があり、ペニスの勃起を促進する作用が認めました。ED治療薬として研究されることは始めました。そうしてシルデナフィルを有効成分とするバイアグラが製造することができます。

一般名:シルデナフィル;Sildenafil (INN)

分子式:C22H30N6O4S

分子量:474.6 g/mol

構造式:バイアグラの主な成分シルデナフィルの構造式

効能:血管拡張薬, 勃起不全治療薬, ホスホジエステラーゼV阻害薬

シルデナフィルの効果について

シルデナフィルは、今数多くの疾患に対する適応が研究されています。シルデナフィルの効果は大きく三つがあります。次はそれぞれにご紹介します。是非参考してください。

一つはPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)の阻害です。PDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)は勃起抑制酵素とも呼ばれます。勃起が萎えてしまうの原因はPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)という酵素が血液内に増えます。シルデナフィルによって、この酵素の働きを阻害する作用があります。この根本的な原因が抑制できるため、ペニスは正常に勃起できるようになるのです。

要するに、バイアグラは勃起を萎えさせる酵素の働きを邪魔するというわけです。ほかのED治療薬、レビトラやシアリスもバイアグラと同じくPDE-5(5-ホスホジエステラーゼ)阻害剤です。

二つは血管拡張による血行促進です。勃起の原理は陰茎内に血液が溜まることです。シルデナフィルがあると、陰茎周辺にある神経に作用して血管を少し広げてくれ、効率よく陰茎の血流を円滑にする手助けをしてくれます。

三つは他の病気の治療です。シルデナフィルはED治療薬だけではなく、慢性心不全、肺動脈性肺高血圧症の治療薬としても使用されています。だから、今バイアグラはED治療以外でも注目されている治療薬となっています。