レビトラって何?|効果などについて紹介!

レビトラ20mg

現在、日本国内では、いろいろなED治療薬が販売されています。中でもレビトラの知名度は一番です。 レビトラはED治療薬として、バイアグラの次に登場した二番目ED治療薬です。ドイツに本社を持つバイエル薬品という製造会社で製造・販売しています。2001年12月に厚生労働省に承認申請を行い、2004年4月に厚生労働省の承認を受けて販売開始されました。ここでは、レビトラについてをご紹介させていただきます。是非参考してください。

レビトラとは

レビトラ化学構造式及び説明

一般名バルデナフィル塩酸塩水和物
(Vardenafil Hydrochloride Hydrate) JAN
(Vardenafil INN)
化学名1-{[3-(3,4-Dihydro-5-methyl-4-oxo-7-propylimidazo [5,1-f][1,2,4]triazin-2-yl)-4-ethoxyphenyl]sulfonyl}-4-ethylpiperazine monohydrochloride trihydrate
分子式C22H32N6O4S・HCI・3H2O
分子量579.11
構造式
性 状本品は白色~微黄色の結晶性の粉末である。本品はエタノール(99.5)又は水にやや溶けやすい。

レビトラの主な成分

レビトラの一般名はバルデナフィル塩酸塩水和物です。レビトラに含まれている主な成分はバルデナフィルです。PDE-5という酵素が血管内に増えると、勃起状態が萎えてしまうのです。バルデフィルはPDE-5阻害剤とも言われるものです。すなわち、バルデフィルはPDE-5というEDの原因となる酵素を邪魔することができます。バルデナフィルによって、正常な勃起の持続を助けることができます。

レビトラには10mgと20mgの2種類があります。実は有効成分バルデナフィルの含有量を示しています。レビトラ20mgとは、バルデナフィル塩酸塩水和物23.705mgのうちに、バルデナフィルが20mg含有していることです。同様に、レビトラ10mgとは、バルデナフィルが10mg含まれていることです。また、5mgもあります。しかし、効果があまり高くないことから多くの医療機関で取り扱われていません。

バルデナフィル塩酸塩水和物は、少し黄みのある白色の結晶性の粉末です。ですから、レビトラは黄色い錠剤です。そして、バルデナフィル塩酸塩水和物の独特性質は水に溶けやすいです。日本で認められている3種類のED治療薬の中で、この特徴はレビトラのみがあります。そのため、最高血中濃度に達する時間は3種類のED治療薬の中で最も短いですので、一番即効性の高いED治療薬といわれています。

レビトラの効果

ED(勃起不全)に悩まされている方

レビトラは、ED(勃起不全)に悩まされている方の悩みを解消するためのED治療薬です。レビトラは、陰茎の血管を拡張して海綿体への血液量を増加し、勃起を促進する効果があります。また、陰茎血管障害を抑制する効果もあるので、EDの悪化を防止することもできます。レビトラの効果は三つつがあります。一つは即効性が一番高いです。二つは食事の影響を受けにくいです。三つは副作用が発生しにくいです。

レビトラは即効性に優れています。ある臨床データによると、レビトラは他のED薬と比べて、即効性がトップクラスです。レビトラを服用された人々は効果が出るまでの平均時間は30分程度です。また、空腹の状態では10分~20分ほどで効果が現れると報告されています。要するに、レビトラは基本的にセックスの15分前に服用すれば効果が得られます。レビトラの即効性は、突然にベッドの机会があってもすぐに対応できます。他のED治療薬と比べて驚くほどの速さであり、レビトラがサポートされる大切な要素となっています。

レビトラは食事の影響を受けにくいので人気があります。有効成分は違いますが、薬としての役割はレビトラもバイアグラもほぼ同じです。しかし、有効成分が異なるため、薬の効果には違います。レビトラは食事の影響を受けにくいため、性欲があれば、いつでも飲めば、効果が変わりません。しかし、満腹時と空腹時では効果が出るまでにかかる時間と、作用が持続する時間に差があります。過度な脂分を含んだ食事を取ると、体内に油の膜が張ってしまいますので、水溶性のレビトラは吸収が遅れてしまいます。ご注意ください!そして、空腹時に服用することをお勧めします。

レビトラ副作用頭痛

レビトラは即効性のED治療薬の中では最も副作用が少ないことが知られています。レビトラの副作用発現頻度はバイアグラの副作用発現頻度より15%程度も低い数値です。しかし、副作用が少ないとはいえ、現れることもあります。主な副作用は「顔のほてり」「目の充血」です。頭痛がひどいようであれば、ロキソニン等の頭痛薬を使用されても問題ありません。その他に「頭痛」「動悸」「鼻づまり」などもあります。レビトラの有効成分であるバルデナフィルが血管を広げる作用によるものなので、数時間でほぼ治ります。症状がおさまるようであれば、あまり気になされなくても大丈夫です。ご不明な点、ご心配な点は遠慮なく担当医師にご相談ください。