早漏って何?|早漏定義、射精コントロールなどについて

早漏に悩む

世界中で、早漏は多くの方が抱えている性の悩みと言えるでしょう。あるアンケートによると、日本人男性は欧米人男性に比べて、早漏の方が多いという報告があります。ある統計によると、世界人口は18歳~65歳までの成人男性の約3割が早漏と言えます。日本人には、半分以上の男性は早漏とされています。早漏は一体なんですか?このページでは、詳しく説明いたします。

早漏といえば、多くの方はこのような悩みをもちます。例えば、「男性として恥ずかしい」「女性に知られたら困る」など。医学技術が進んだ現代では、早漏を防ぐ医薬品は様々です。ご自身にあった医薬品を選ぶことで早漏を防止することができ、改善をすることも可能です。

早漏の定義

早漏の定義には諸説があります。以下は既存の早漏の医学的定義の代表的なものいくつかを挙げられます。

  • セックスの中に膣に揷入から射精までの時間が1~3分以内
  • 不十分な勃起状態で、揷入前または揷入15秒以内の射精
  • パートナーが希望する揷入から射精までの時間内で、射精をこらえられない場合

以上の定義からみると、その多くは、挿入時間に関するものです。実は早漏は時間や回数だけでなく、射精をコントロールできないという状態です。次は射精コントロールと射精のメカニズムを紹介します。

射精のメカニズム

射精のメカニズムを聞きますか?射精のメカニズムは非常に重要なことです。射精のメカニズムを知れば早漏の改善に役立ちます。性的興奮が高まると、ペニスの勃起が起こります。精嚢と前立腺それぞれから液体と精子が混ざって押し出されてきます。ここで精液の準備は終わります。性的にオ-ガズムを感じることで、尿道付近の筋肉が激しく収縮して、精液が放出されます。

射精コントロール

あなたは射精コントロールをよく知っていますか?射精コントロールということは、実は自由にベストなタイミングで射精できる能力です。射精をコントロールできるようになると、以下のようなことが実現することは可能です。

  • 一つは女性がイクまで我慢できます。
  • 二つは自分がいきたい時にいけます。
  • 三つは長時間のセックスを楽しめます。

要するに、射精コントロールは早漏改善の一番対策です。多くの男性は射精をコントロールできるようになることを目標とすることはよいではないでしょう?それから、射精コントロールの方法いくつかをご紹介させていただきます。

早漏問題に悩む男性

射精コントロール方法

人々のセックスの目的は、ほぼ「愛の行為」だということで、9割以上を占めます。人々のセックスの本質が、愛の行為であることをきちんと認識していない男性が多いです。ある調査によると、3分足らずの挿入時間で、性欲に本当に満足できる女性などほとんどいないということです。だから、満足なセックスをするために、射精コントロール方法を把握することは大事です。

射精コントロールの方法は様々です。PC筋トレーニング、スタート&ストップ法、スクイーズ法、呼吸法四つの方法を具体的に紹介します。是非参考してください。

PC筋トレーニング

PC筋を鍛えることで射精を我慢することができるようする方法。このPC筋という言葉は普通あまり耳にしないでしょう?PC筋は英語で「Pubo coccygeus」の略で、射精する時に使われる骨盤底筋群のことです。PC筋はペニスにとって大切な筋肉です。

PC筋を鍛えると、射精のタイミングもある程度自分の意志でコントロールできるだけでなく、勃起力も向上しすることができます。男性にとって一石二鳥で、しっかり女性も喜ばせてあげられるということです。

PC筋トレーニングの具体的なやり方

①ゆっくり肛門を締める

②それを3秒〜6秒間キープする

③ゆっくり肛門を緩める

④それを5秒間キープする

この流れが1セットになります。慣れるまでは1セットを4回くらい行いましょう。慣れると、5セットから10セット繰り返すとより効果的です。

スタート&ストップ法

スタート&ストップ法は、早漏改善法として非常に有名です。古くから行われており高い知名度を誇る万能なトレーニング方法です。世の中で、多くの男性がスタート&ストップ法を基づいて、射精コントロールを実現しております。だから、スタート&ストップ法は早漏対策を行うならば、まず検討すべき方法です。

スタート&ストップ法の具体的なやり方

①オナニーをする

②射精をイキそうになったら、刺激を止める

③射精をイキな感覚がしばらく待つ

④この行為を3~5回程度繰り返した後で、射精する

スタート&ストップ法のメリットはひとりで自宅でできることです。さらには、PC筋トレーニングと同時に行うことができます。デメリットとしては、即効性はないです。効果を感じるまでに、何カ月時間がかかります。人々にとって、押し通しなければいけないという点は難しいです。一言に、自分ににあったスタート&ストップ法を作るのが良いと思います。

スクイーズ法

スクイーズ法スクイーズとは、日本語で(ギュッと握る)という意味です。海内外の研究によると、スクイーズ法は早漏改善に高い効果があると報告されます。スクイーズ法は、1970年に米国の性科学者マスターズ&ジョンソン夫妻によって提唱された理論です。早漏改善効果が高いと言われていますが、毎日行わないと、早漏が改善されるわけではありません。6割以上の男性にとって、効果があると言われております。

スクイーズ法の具体的なやり方

①マスターベーションをする(ペニスを刺激させる)

②射精しそうになったら、亀頭のカリの部分を指で圧迫する(ぎゅっと握る)

③射精感がおさまったら、再び刺激を与える

④以上のステップを3~5回程度繰り返し行い射精するまでの時間を延ばす。

スクイーズ法の利点は一人で、あるいはパートナーと一緒にでできます。パートナーがいる場合は、協力してもらったほうがいいと思います。スクイーズ法の欠点は効果が現れるまでに時間がかかります。

呼吸法

呼吸法を整えることで、自律神経をコントロールします。自律神経が実は射精コントロールに深い関係があります。自律神経には、交感神経と副交感神経2種類があります。2つの神経の作用はそれぞれ違いです。

交感神経=射精・・・・緊張や興奮の状態に働く神経

副交感神経=勃起・・・リラックスの状態に働く神経

呼吸法の具体的なやり方

①椅子に腰かけ、背筋をピンと伸ばし、顔を正面に向け、目を閉じる

②約1〜2秒の短い時間で、鼻から一気に息を吸う。息を吸う時は、頭部に肺があり、お尻の穴から吸い上げた空気が、背骨の管を通って、頭部の肺に吸い上げらるイメージで

③鼻から、約10秒かけて、ゆっくりと細く長く息を吐く

④次の2秒で、お腹をへこませながら、完全に残りの息を吐き切る

⑤息を吐き切ったら、3秒間呼吸を止める。

⑥2に戻り、射精欲が収まるまで何度も繰り返すして体に覚えこませる

早漏に悩む男性は、あらゆる方法を試します。以上の方法はぜひ参考してください。もしかして、早く早漏改善したいのならば、早漏治療薬を試みましょう。早漏を改善することで、人生を百八十度変えます。最大級の男の自信を手にすることができます。一緒に、未来の扉を開けましょう。