早漏のタイプを知るのか?

早漏の原因で喧嘩夫婦

世界中、早漏という問題で悩んでいる男性は多いと思います。皆さん、自分の早漏のタイプをわかっていますか?対策を立てる前に、まずは早漏のタイプを知ることが大切です。本文は早漏のタイプを詳しく紹介いたします。是非参考してください。

早漏のタイプは大きく分けて4つがあると考えられています。 過敏性早漏、心因性早漏、衰弱性早漏、包茎性早漏に分類されます。それぞれ一つ一つ具体的に説明します。

過敏性早漏

早漏の中でも1番多いタイプは過敏性早漏と言われています。特に10代20代の若年層やスポーツマンに多く報告されています。過敏性早漏とは、皮膚や粘膜の神経、ペニスの感覚が敏感すぎることが早漏の原因になっていて、刺激に慣れていないので少しの刺激でも、すぐに射精してしまう状態のことをいいます。

過敏性早漏を改善するには、色々な方法があります。例えば、「スクイーズ法」「セマンズ法」など。「スクイーズ法」はイキそうになる射精直前で亀頭の先を強く抑えつけて我慢するという方法です。「セマンズ法」は女性に陰茎を手で刺激してもらい、射精直前に手を離し射精感を抑えるという方法です。

早漏no

心因性早漏

心因性早漏は、読んで字のごとく、肉体的な原因ではなく、精神的な原因で発症する早漏です。心因性早漏とは、ペニスへの刺激が少なくても、女性の裸、表情、声、感触、また性行為そのものに興奮すぎるので、射精をしてしまう早漏です。近年、心因性早漏になる人は多くなっています。特に若年層に多く見受けられます。

心因性早漏の誘因といえば、さまざまがあります。ここでいくつか挙げられます。具体的にというと、過度な緊張と興奮、恐怖、ストレス、不安、あるいは過去の性行為時に起きた失敗がトラウマなど。

衰弱性早漏

年齢を重ねるにつれて、多くの男性は衰弱性早漏になりやすいと考えられています。衰弱性早漏とは、加齢や筋力の低下による男性ホルモンの減少で引き起こされる早漏と言われています。衰弱性早漏は40代、50代くらいの中年以降の男性に多く見られる状態といわれています。

包茎性早漏

日本人男性における包茎は全体の6~7割と言われています。包茎性早漏とは、今まで皮に包まれているペニスは刺激を受けずに過保護な状態である、性行為に不慣れな場合すぐに射精してしまいます。包茎性早漏は治すことが可能です。つまり、包茎を治せば早漏は治ります。包茎手術は包茎性早漏に一番良い選択と思います。