ED(勃起不全)と男性更年期障害

ED治療薬

男性更年期障害とは

更年期障害は、女性に特有のものではありません。男性更年期障害は、正式には加齢男性性腺機能低下症候群症候群(LOH症候群)と呼ばれています。「加齢による男性ホルモンの緩徐な減少に伴って、なんらかの症状を呈する状態」を定義し、40代から60代と幅広い年齢層で発症します。男性更年期障害は、体内男性ホルモンのバランスの変化が主な原因です。精神的なストレスや環境の変化など複数の要因もあります。

男性更年期障害の症状

男性ホルモンの影響は全身に及ぶため、テストステロンの低下によってさまざまな症状が全身に出現すると考えられています。男性更年期障害(LOH症候群)では、活力の低下、うつ症状、筋力の低下、不眠症、内臓脂肪の増加、骨粗しょう症、手足の痺れ、認知機能の低下、さらには勃起障害をはじめとする性機能障害(性欲の低下)など、多種多様な症状があげられています。

ED(勃起不全)に悩む男性

ED(勃起不全)と男性更年期障害の関係

男性更年期障害に悩む患者さんの多くがED(勃起不全)を合併していると言われています。その意味では、ED(勃起不全)は男性更年期の信号といえるかもしれません。

ED(勃起不全)は満足な性交を行うのに十分な勃起が得られないか、または維持できないこととされています。しかし、中には射精障害である射出障害や逆行性射精(精子が膀胱内に逆流してしまう状態)などをED(勃起不全)と考えている方もいます。

ED(勃起不全)の原因としては必ずしも男性更年期障害だけではなく、動脈硬化や糖尿病神経障害によっても症状が出現します。ED(勃起不全)の症状が出現してから数年後に虚血性心疾患が起こると報告されており、さらにはEDが無痛性心筋梗塞の予測因子であるとの報告もあります。ED(勃起不全)を自覚されている方は、男性更年期障害を疑うと同時に循環器専門医で詳しい検査を受けてください。

男性更年期障害の主な原因は体内男性ホルモンのバランスの変化です。男性ホルモンであるアンドロゲンの代表としてはテストステロンがあげられます。糖尿病や肥満、がん、肝硬変、腎不全、甲状腺機能異常、性機能障害などでテストステロン力低下することが知られています。

男性ホルモンは様々な作用があります。例えば、筋肉を増強する、精神活動を活発する、血管の健康を保つNO(一酸化窒素)を供給するなどです。ですから、男性ホルモンが減ると血管の健康が損なわれ、勃起に関係する動脈硬化を引き起こし、ED(勃起不全)になりやすくなると考えられています。このことからも、男性ホルモンがED(勃起不全)改善に重要な役割を果たしていることが分かります。