ED(勃起不全)の原因を徹底解説する

男性なら誰にでも、「勃起」という生理現象を経験したことがあります。勃起のメカニズムは、陰茎の血管に血液が充満することによって、陰茎が大きくなります。ED(勃起不全)になるということは、何かの原因によって血液が十分に陰茎の血管に充満しなくなることを意味します。

もしあなたがいまED(勃起不全)で悩んでいるなら、思いつく原因がいくつか出てきたのではないでしょうか?ED(勃起不全)を発症する原因は様々です。大きく分けて4種類あると言われています。

それぞれのED(勃起不全)の原因を詳しく知ることで、ED(勃起不全)を改善するための第一歩となるでしょう。ED(勃起不全)が発症した原因によると、適切な治療方法も変わってきます。一緒に見ていくことにしましょう。

では、具体的にED(勃起不全)の主な原因を見てみましょう。

精神的な原因によるED(勃起不全)

肉体的な原因によるED(勃起不全)

精神的と肉体的両方面の原因によるED(勃起不全)

薬物乱用によるによるED(勃起不全)

精神的な原因によるED(勃起不全)

精神的なストレスによってED(勃起不全)になることがあります。この原因でのED(勃起不全)は確かに心の問題です。自分自身を振り返ってみて原因を解消することが大事です。

精神的なストレスの解決は難しいものですが、ED治療薬を試してみることも良いです。セックスのパートナーに悩みを打ち明け、共有して、心が結ばれる感覚に触れることもひとつの解決法となります。パートナーと協力して乗り越えていくことも素敵なのではないでしょうか。

精神的なストレスが原因でED(勃起不全)を心因性EDとも言います。精神的なストレスは人によって違い、若いの男性、例えば20代や30代でも心因性EDに悩んでいる方も多いのが現状です。

心因性EDは、会社でのストレスだけでなく、家庭内でのストレスなどあらゆるストレスが原因になります。主に現実心因と深層心因に分類されます。詳しく説明します。

現実心因

現実の日常生活における様々な心身のストレスや心理的諸要因が原因・誘因

緊張、焦り、過労、睡眠不足、心配事、家庭内不和、経済的困窮、パートナーとの感情的トラブル、性的無知、性的未熟、初体験、新婚初夜、早漏、過去の性交の失敗、失恋、嫁姑問題、性感染症、別居、短小コンプレックス、マスターベーションへの罪悪感、妊娠恐怖症、不倫、など

深層心因

心の奥底にある様々な心理的原因・誘因

抑圧された怒り、憎しみ、悲しみ、妬み、不安、愛憎葛藤、欲求不満、幼少時における心的外傷体験、母子分離不全、去勢恐怖、エディプス・コンプレックス(潜在する無意識的な近親相姦欲求)、ホモ・セクシュアルなど

肉体的な原因によるED(勃起不全)

肉体的な原因でED(勃起不全)を器質性EDと言います。勃起に関する神経や、組織、血管系などに異常が起こっているせいで勃起がうまく起こらないとされている場合を指します。様々な原因があります。例えば、加齢、生活習慣病、手術や外傷、糖尿病や高血圧症による神経や血管の障害などが多いと言われています。

一番多い障害として動脈硬化が挙げられます。動脈硬化になると、血管が十分に拡がらないばかりか、血液の循環が悪くなります。そのため、陰茎海綿体へ十分な血液が流れ込まなくなります。加齢に伴う動脈硬化も見られますが、その他にも糖尿病、高血圧、高脂血症や、喫煙、飲酒も同様なメカニズムで器質性EDを誘発する原因となります。

器質性EDを改善するためには、日常生活から器質性EDの原因となる病気や生活習慣を正して健康でいることを心がける必要があります。特に動脈硬化の原因を取り除くことが大切です。

いくつかの方法を挙げられます。一つは動物性脂肪やお酒の摂取や喫煙を控えるのが効果的です。二つは適度な運動をします。そして、ダイエットにより肥満を防ぐのも効果的です。最後はED治療薬を利用することでも大切です。健康で豊な生活が送れるようになります。

ED(勃起不全)に悩む

精神的と肉体的両方面の原因によるED(勃起不全)

精神的と肉体的両方面の原因でED(勃起不全)を混合性EDと言います。混合性EDは心因性EDと器質性EDが絡みあって生じます。混合性EDの原因は様々があり、特定ではありません。特に50~60代の男性に多いのが特徴です。50~60代以降になると、多くの人がこころとからだの両方に何らかの問題を抱えています。若いの方に比べると、混合性EDを発症している率が高いと考えられます。

混合性EDを引き起こす原因の一つ、加齢が挙げられます。男性にとって、勃起力は自信の一種です。その勃起力が年齢と共に減少していき、結局はED(勃起不全)になるかもしれません。だから、自信を喪失してしまう男性は多いといえます。

加齢によるED(勃起不全)には、男性ホルモンの一種であるテストステロンの減少や乱れた生活習慣、動脈硬化など、様々な原因が関与しています。加齢は、誰でもが避けては通ることができない道ですが、同じ年齢でも日常生活によって若さを保つことは充分に可能です。自身の力で勃起ができるように努力をした上で、お薬に手伝ってもらうのがよいです。

混合性EDを改善するためには、精神的と肉体的両方面が始めます。まず、精神的なストレスを解消します。そして、食生活を見直します。これは体の健康を保つことに繋がります。健康を保つことはEDの(勃起不全)改善にもつながります。最も効果的方法はED治療薬を使用したほうがいいです。

薬物乱用によるによるED(勃起不全)

年齢に関係なく、ED(勃起不全)になってしまう原因もあります。例えば、薬物乱用によるによるED(勃起不全)。服用している薬物の副作用によって引き起こされるED(勃起不全)を薬剤性EDといいます。薬物は適量を適時に服用するのが一番です。しかし、薬物依存などは神経に大きなダメージを与えます。ED(勃起不全)を引き起こす薬物は覚えておくといいです。

ED(勃起不全)を引き起こす可能性がある薬物が指摘されています。

①精神神経用剤:抗うつ剤、抗精神病剤、催眠鎮静剤など

②ホルモン剤:エストロゲン製剤、抗アンドロゲン製剤など

③降圧剤:ベータ遮断薬、カルシウム拮抗薬など

④呼吸器用剤:テオフィリン、ベータ刺激薬など

⑤脂質異常症治療薬:スタチン系、フィブラート系など

⑥抗潰瘍薬:スルピリド、メトクロプラミドなど

⑦アレルギー用剤:抗ヒスタミンなど

⑧消炎鎮痛剤:非ステロイド系抗炎症剤など

素人ではなかなかわからないことですから、気になる症状が現れると、医師に問診を受けてみることがおススメです。特に注意が必要なのは、薬剤性 ED のことを知らない、今ある ED(勃起不全) の症状を加齢と勝手に判断したり、うつ病の方が心の問題だと思い込んで更に病状を悪化させる可能性があるという点です。

ED(勃起不全)の原因はよく理解しましょうか?現在はいろいろな改善方法でED(勃起不全)を克服することができます。これらの原因をしっかり把握した上で、改善方法を選択するのが良いでしょう。症状に合った改善方法を実施し、ベストなセックスライフを送りましょう!